診療科・部門 脳神経外科


脳神経外科について

当科は、北摂地域に密着した脳神経外科として、みどりヶ丘病院(高槻)と連携をとりながら、主に脳卒中(脳血管障害)や外傷、良性腫瘍、てんかんなどの、日常で遭遇しうる脳疾患の診療をします。


外来担当医表

  月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜

9:00〜

12:00

亀田 中澤 寺田 松井 中澤  

 


脳神経外科の特長


 t-PA静注療法に代表される内科的治療や、 脳梗塞やくも膜下出血、脳出血には従来から行われている開頭術と脳神経血管内治療(カテーテル治療)や神経内視鏡手術などの先端技術を用い、体にやさしい医療を提供します。


脳卒中の予防のため、脳検診やリスク管理を行っています。特に危険な脳卒中となる可能性のある未破裂脳動脈瘤、頚動脈狭窄症、動静脈奇形・動静脈瘻などの方針の決定や、セカンドオピニオン、経過観察、治療後のフォローを行います。


脳卒中センターでは、急性期から回復期、療養まで一貫した治療とリハビリテーションを行い、家庭への復帰を目標に、 一貫した脳卒中診療を行います。



主な疾患


未破裂脳動脈瘤

ガイドラインや破裂率データを説明し、経過観察可能なものは定期的経過観察を、生涯の破裂リスクが高いと判断される方には破裂予防のためにクリッピング術やコイル塞栓術などの予防的治療を提案します。


頭頚部動脈狭窄症

内科的治療を行っても進行する病変や不安定病変、脳梗塞を発症した病変には血管形成術やステント留置術、頚動脈内膜剥離術をします。


脳動静脈奇形・硬膜動静脈瘻

経過観察可能なものは定期的経過観察を、出血を起こしやすい病変では開頭術や塞栓術、定位放射線治療を勧めます。


正常圧水頭症・慢性硬膜下血腫

認知症の中には水頭症や慢性硬膜下血腫など症状が似た疾患が隠れていることもあります。治療で回復できる認知症を見逃さず診療をします。


脳腫瘍

主に髄膜腫、前庭神経鞘腫、下垂体腫瘍などの良性腫瘍やくも膜嚢胞などの嚢胞性疾患の経過観察や手術をします。


顔面けいれん・三叉神経痛

症状と経過を見ながら、日常生活に不具合を生じる方には神経減圧術などの治療をします。



設備について

早い処理速度の3次元撮影、術中・術後の簡易CT 撮影などにより、今まで以上に迅速で精度の高い治療ができます。


スタッフ紹介

中澤 和智(なかざわ かずとも)

脳卒中センター長


松井 雄哉(まつい ゆうや)

非常勤


寺田 幸恵(てらだ さちえ)

非常勤


高井 聡(たかい さとし)

非常勤